2009年06月11日

ソフトダーツの規定と構造

ソフトダーツはスローラインから244cm離れた直径15.5Inchのボードに向かって矢を投げるもの揺れるハート 三本投げたら終わりexclamation×2

ソフトダーツはダーツマシンが自動的に点数の計算やってくれるし便利だよね・・・機種は、俺が知っている有名なところでDARTSLIVE(MEDALIST)、MATRIX(MJ SPORT)、PHOENIXくらいかなぁ・・・

とくにDARTSLIVEPHOENIXは良く見かけます。最近はDARTSLIVE2がでて、ボード表面がキラキラひかってましたぁぴかぴか(新しい)楽しそうハートたち(複数ハート)

ダーツの矢は、「チップ」「バレル」「シャフト」「フライト」の
4パーツから構成されていて全て独立、分離できて自分の好みに合わせて改造可能・・・わーい(嬉しい顔)

てか、ほんとに俺って素人だよね。でも書くために調べるから勉強になる。右斜め上

posted by 偽スワッガー at 12:00| Comment(0) | ダーツの基本知識 〜まずはここから〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。