2009年06月15日

ダーツの構造「フライト」編

フライトって本当に多種多様あるよねわーい(嬉しい顔)

素材が違ったり形状が違ったり・・・

素材はポリフィルム製、紙製、フェザー製があって主流はポリフィルム製になってる。
おれはフライトLを使用してますハートたち(複数ハート)

形状は
スタンダード&シェイプ一番基本的な形。表面積が広い為、放物線を描くような飛び方をし、安定した飛行をします。シェイプはスタンダードより、少し直線的に飛ばすことの出来るタイプ
ティアドロップ
スリムのように鋭く飛び、しかしながらスリムよりも浮力があるのが特徴です。
スリム
面積が小さいため直線的な飛び方をします。安定性は低いものの、狙った場所に鋭く飛ぶのが特徴です。

素人はスタンダードがいいでしょうね・・人によってはスタンダードからティアドロップに変えてレイティングが5から10に上がった人もいるみたいだけど・・・稀でしょあせあせ(飛び散る汗)

スタンダードだったらフライトLがお薦め・・・常に90度を保つから飛びもいいしねわーい(嬉しい顔)





*写真クリックで詳細見れます*
posted by 偽スワッガー at 16:48| Comment(0) | ダーツの基本知識 〜まずはここから〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。